家具や家電を置いても広さは十分あるか

家具や家電の配置で部屋の広さは変わる!

ベッドやダイニングセット、テレビや冷蔵庫など、引っ越しのときは沢山の家具や家電を新しい住居に配置することになります。そんな引っ越しのときによくある失敗の例が、大型の家具や家電を置いたら部屋が狭くなってしまったということです。内見のときは、物が何もない状態なので、部屋が広いと感じられることもあるかも知れません。しかしながら、引っ越し後に色んな物を配置すると圧迫感と窮屈さを感じることもあるので注意が必要です。ですから、内見のときには、置く予定の家具や家電があらかじめ決まっているならサイズをはかり、置き場所に設置したら十分な部屋のスペースはあるか、使い勝手はいいかをじっくり考えて部屋を決めましょう。

家具や家電の位置を工夫して広く見えるようにする!

新しい賃貸部屋に引っ越すとき、家具や家電の配置をちょっと工夫することで、部屋の広さの印象は随分変わるものです。たとえば、部屋の入り口のすぐ横など、入り口から見えにくいところに大きな家具を置いたり、窓の近くに低い家具や家電を揃えると、開放感があって部屋が広く見えます。さまざまな家具や家電を壁を背にして一列に並べるときは、凸凹になるのは避け、できれば奥行きが出るように配置するのがベストです。

また、内見のときに部屋の写真を撮っておくと、あとから家具や家電の配置をどこにするかをじっくりと考えられます。引っ越しのときは、あらかじめ業者と打ち合わせをしておけば、指定した場所に物を置いてくれることが多いので、前もって家具や家電の位置を決めておくとよいでしょう。