気になるにおいはない?水回りの設備をくまなくチェック

水回りの設備はよく確認するべき!内見に行ったほうがいい理由

新居へ引っ越してから、「キッチンの水が出ない…」「お風呂場が不衛生でニオイがする…」など。このような水回りのトラブルがあると、故障して使えなくて困ることがあります。日常生活では欠かせない設備が利用できず、尚かつ修理の手配も日数がかかるとなれば、ここの賃貸物件を選ばなければよかったと後悔するでしょう。そのうえ、はじめからこのような問題があると、他にも何か不備があるんじゃないかと、安心して新生活を送ることはできません。このような設備の不具合に見舞われるのを防ぐためにも、物件の内見は必ず行くようにしましょう。自分の目で細かい部分まで確かめていれば、こういった賃貸物件の設備の悪さを見逃さずに済むでしょう。

水回りのチェックポイントのアドバイス!

内見で賃貸部屋に入った瞬間に、気になるニオイを感じることがあります。いやなニオイを感じたら、部屋になにも問題がなければ、水回りから漂ってくるニオイかも知れません。キッチンや洗面所、お風呂やトイレといった場所にカビが生えていたり、排水溝の設備の劣化によるサビ、管理会社のお手入れ不足など。さまざまな設備の状態が悪いことが要因でニオイが発生しているケースも多いので、注意が必要です。ですから、水回りの蛇口や換気扇、トイレや浴槽、排水溝もチェックして、嫌なニオイの原因の元となるものはないかという点をじっくり見ておきましょう。洗濯機置き場は見逃しがちなチェックポイントです。排水溝の状態を確認し、キレイな状況か見ておくとよいです。